お客様と美容師の心をつなぐ、新しいかたちのマンスリービューティーヘアマガジンIZANAGI [イザナギ]

IZANAGI [イザナギ] 「感性と知性を刺激する、時代が読める美容専門誌」
髪化粧 : バックナンバー

髪化粧 バックナンバー


2011 Vol.065〜073

No.073 2011.9月号

松任谷由美
そのヴィヴィッドな感性。

Vol.073

もっと見る

 


No.072 2011.8月号

とことん行こうぜ!
パッピーというテーマから炸裂した直感的なクリエーション

Vol.072

もっと見る

 


No.071 2011.7月号

女は、日常というドラマを生きる
顔は、その日の気分でもあり、告白でもある。

Vol.071

もっと見る

 


No.070 2011.6月号

ヘアだけでも
化粧になるね。

Vol.070

もっと見る

 


No.069 2011.5月号 ≪SOLD OUT≫

いま、ほとばしる情熱
その手で変える未来に

Vol.069

もっと見る

 


No.068 2011.4月号

アジアン・ベイビー

Vol.068

もっと見る

 


No.067 2011.3月号

女、解体新書 - 美とエロスを求めて

Vol.067

もっと見る

 


No.066 2011.2月号

パンク・エレガンス

Vol.066

もっと見る

 


No.065 2011.1月号

それは神秘であり、
永遠のファムファタル(運命の女)なのか

※2011年1月号は表紙が3種類ございます

Vol.065

もっと見る

 


2010 Vol.053〜064

No.064 2010.12月号

女性美の中に潜む

ダンディズム

Vol.064

もっと見る

 


No.063 2010.11月号

KATE MOSS

トリビュート

Vol.063

もっと見る

 


No.062 2010.10月号

日本情緒とのミキシング

リアディゾンのRock'n POP

Vol.062

もっと見る

 


No.061 2010.9月号

仮面舞踏会さながらに

女は変わる

Vol.061

もっと見る

 


No.060 2010.8月号

クリエーションは

媚薬か劇薬か

Vol.060

もっと見る

 


No.059 2010.7月号

Scenery of Long Hair

ロングへアの風景

Vol.059

もっと見る

 


No.058 2010.6月号

光の中をたゆたう、モードという媚薬。

すべて、バランス遊び

Vol.058

もっと見る

 


No.057 2010.5月号

メンズへアの今

甘いだけじゃない、パーマは男の凛々しさをつくる武器

Vol.057

もっと見る

 


No.056 2010.4月号 ≪SOLD OUT≫

恋するパーマ

この春、女ごころを揺らすマッシュベースのカールヘア

Vol.056

もっと見る

 


No.055 2010.3月号

Perm! Perm!!

曲線がつむぐ、女たちのレボリューション

Vol.055

もっと見る

 


No.054 2010.2月号

DESIGN ISM

〜その果てにあるものは、美〜

Vol.054

もっと見る

 


No.053 2010.1月号

REBORN

ウェーブ新時代へ

Vol.053

もっと見る

 


2009 Vol.041〜052

No.052 2009.12月号

今こそ、感性の時代へ。

 

Vol.052

もっと見る

 


No.051 2009.11月号

フェミニン・ロック

 

Vol.051

もっと見る

 


No.050 2009.10月号

されど髪。

ヘアデザインで紡ぐ男と女のラブモーション

Vol.050

もっと見る

 


No.049 2009.9月号

この秋は80’sでいこう!

テクノカット、ソバージュ、リーゼント・・を2009年流にアレンジ

Vol.049

もっと見る

 


No.048 2009.8月号

モダン・アフリカン

ウエーブヘアで夏を楽しもう

Vol.048

もっと見る

 


No.047 2009.7月号

今年のロマンは、レトロに決めて

やっぱりボブが似合う

Vol.047

もっと見る

 


No.046 2009.6月号

髪を飾る、女を飾る

女の華を華として謳歌する時代に向けて

Vol.046

もっと見る

 


No.045 2009.5月号

TOKYO GIRL

今どきの女の子の変身願望をどれだけかなえてあげられますか?

Vol.045

もっと見る

 


No.044 2009.4月号

エキゾチックミックス

くずす時代へ

Vol.044

もっと見る

 


No.043 2009.3月号

センシュアル&クール

光と風と音・・・・・・への誘い

Vol.043

もっと見る

 


No.042 2009.2月号

センシュアル&クール

光と風と音・・・・・・への誘い

Vol.042
もっと見る

No.041 2009.1月号

2009年最新モード

新しさを生む秘訣は、タブーへの挑戦

Vol.041
もっと見る

2008 Vol.029〜040

No.040 2008.12月号
表紙:KOMATSU(HEAVENS)

白と黒

MINX 鈴木美枝子さんへのレクイエム

Vol.040
もっと見る

No.039 2008.11月号
表紙:KAAKO(SOHO clue)

モーブ色の女
mauve color

Vol.039
もっと見る

No.038 2008.10月号
表紙:NISHIMURA KOUICHI(Red Pepper)

ロックな女
ROCK WOMAN

Vol.038
もっと見る

No.037 2008.9月号
表紙:ISHIZAWA TEIJI(essensuals)

バッドガール 〜小悪魔ごころに、火をつけて!〜
Make-up Magic 女の顔は日々、創られる

Vol.037
もっと見る

No.036 2008.8月号
表紙:OKAWA MASAYUKI(TAYA)

ボヘミアン
〜赤の衝撃、赤の誘惑〜

Vol.036
もっと見る

No.035 2008.7月号
表紙:Masa(TAYA)

断髪
女が自我に目覚めるとき

Vol.035
もっと見る

No.034 2008.6月号
表紙:Masa(TAYA)

究極のホスピタリティーを求めて
和を装う
フラッパー・ガール

Vol.034
もっと見る

No.033 2008.5月号
表紙:Yamashita Koji(Double)

ジャパニーズ・デザイン

Vol.033
もっと見る

No.032 2008.4月号
表紙:MASA(TAYA)

ジャパニーズ・レッド

Vol.032
もっと見る

No.031 2008.3月号
表紙:Okawa Tamico(masago)

東洋の美、日本の粋
女の色気とデザインの素敵な共存

Vol.031
もっと見る

No.030 2008.2月号
表紙:OMURA JYUNKO(ACQUA)

装いの時代
第一章 和からの発想
第二章 男と女の景色
第三章 日常化する装い

Vol.030
もっと見る

No.029 2008.1月号
表紙:KAWAJIRI YOKO(Rootree)

モード、そして女。
- それは運命の女にも似て

Vol.029
もっと見る

2007 Vol.017〜028

No.028 2007.12月号
表紙:山田磨由美(Hair&Make-up shower)

ジャパニーズ・モード
- 四季のうつろいに女性像をなぞらえて

Vol.028
もっと見る

No.027 2007.11月号
表紙:武田智幸(MINX)

ジャパニーズ・モード
- その深遠なる世界を求めて

Vol.027
もっと見る

No.026 2007.10月号
表紙:タナカ☆シホ

美のファンタジアを求めて
- ミラノ、そしてヴェネチア紀行

Vol.026
もっと見る

No.025 2007.9月号
表紙:Miyoshi Shinji

NEW BASIC
- あたらしいスタンダード

Vol.025
もっと見る

No.024 2007.8月号
表紙:Abe

feminine
−女という原風景を訪ねて

Vol.024
もっと見る

No.023 2007.7月号
表紙:Kurosaki Kazuya

MADONNA
−女神たちの肖像

Vol.023
もっと見る

No.022 2007.6月号
表紙:Yamashita Koji

ROMANTIC
−ときめきの誘惑

Vol.022
もっと見る

No.021 2007.5月号
表紙:Sato Tomita

reality
−手探りの未来

Vol.021
もっと見る

No.020 2007.4月号
表紙:ShinYa for SHINYA salon (AVGVST)

Sakura
とある春の日、
見逃したくない美しさに出会う

Vol.020
もっと見る

No.019 2007.3月号
表紙:Nishimoto Shoji

LOVE
愛、それは果てしなき夢。そして、未来へのしなやかな革命。

Vol.019
もっと見る

No.017 2007.2月号
表紙:太地(SIDE BURN)

あなたはヘアデザインで人を幸せにしていますか?
エキゾチック長崎

Vol.018
もっと見る

No.017 2007.1月号
表紙:小松 敦 (HEAVENS)

バングのあるデザイン
スペシャル企画:Hiro Haraguchiインタビュー

Vol.017
もっと見る

2006 Vol.005〜016

No.016 2006.12月号
表紙:SACHI (assemblage)

女が変わるとき
スペシャル企画:FEERIE・新井唯夫の世界

Vol.016
もっと見る

No.015 2006.11月号
表紙:上原健一 (Double)

ボブの魅力
第一章:映画と絵画の中で繰り返される美女とボブ
第二章:「魅惑のボブ」革新のラプソディー

Vol.015
もっと見る

No.014 2006.10月号
表紙:上田美江子(MASA)

スペシャル企画
王国の詩情
麗しのアントワープ
特集:平成浪漫主義

Vol.014
もっと見る

No.013 2006.9月号
表紙:山下浩二(Double)

1980's
革命はあのときから始まった……。
「髪化粧」創刊1周年記念特集「おもてなし」

Vol.013
もっと見る

No.012 2006.8月号
表紙:野沢道生(ACQUA)

髪を飾る。
髪は人の心を語る 〜歌舞伎と文学にみる、髪の精神論〜
「ジャパニーズ・ビューティー」
ニューヨークで有名ブランドを手掛ける日本人ヘアデザイナー
MICHIO (MINGLE)

Vol.012
もっと見る

No.011 2006.7月号
表紙:池田 登 (MINX)

文化のチカラ。 いま、美容室の真価が問われる
東京 鳴りやまぬ夜曲
京都 降りしきる恋々

Vol.011
もっと見る

vol.010 2006.6月号
表紙:川原文洋 (Studio V)

エレガンスという美学。
大人の女へ贈るデザイン・スパイス
特集:5人のヘアデザイナーが織り成す これからのエレガンス

Vol.010
もっと見る

vol.009 2006.5月号
表紙:山下浩二 (Double)

特集:ジャパニーズ・モダン
和と洋融合、ジャポニズムを旅して
特集 第1部:西欧信仰を脱して、2006年日本モダニズム宣言
特集 第2部:日本の力、ヘアデザインの可能性

Vol.009
もっと見る

vol.008 2006.4月号
表紙:Kosuke Akikura

特集:七人のヘアデザイナーが表現する情緒とかたち
新連載:Fashion Muse(春風に舞う大人のミニ)
情緒 (儚くも美しいサクラのダイナミズム)
新連載:anti パーマ講座

Vol.008
もっと見る

vol.007 2006.3月号
表紙:高澤光彦 ( PEEK-A-BOO )

特集:新・ダンディズム
第1部:メンズ・セクシャルビューティー
第2部:男とファッションと仕事
第3部:メンズ・ヘアコレクション

Vol.007
もっと見る

vol.006 2006.2月号
表紙:井之丸泰子 ( Innocent )

特集:トータルビューティー
第1部:ヘア×メイク×ネイル×ファッション
第2部:全身を見つめるビジネス
第3部:サロンでトータル・ビューティーを提案する理由

Vol.006
もっと見る

vol.005 2006.1月号
表紙:小松 敦 ( HEAVENS )

特集:2006年、デザインはボリュームの時代へ
第1部:モードが生まれる背景
第2部:流行リサイクル説
第3部:ヘアデザイン集 〜キーワードは厚みと丸み〜

Vol.005
もっと見る

2005 Vol.001〜004

vol.004 2005.12月号
表紙:小村順子 (ACQUA)

特集:働く女は美しい
第1部:顧客70%がキャリアウーマン
銀座 Kakimoto arms の核心に迫る!
第3部:ヘアデザイナーたちが提案するキャリアウーマン像とは?

Vol.004
もっと見る

vol.003 2005.11月号
表紙:平野啓一郎

特集:時代は大人社会へ-価値の転換がいま、迫られている-
第1部:ニューヨーク物語
第2部:TAYAの新たなる挑戦
第3部:私は大人をこうプロデュースします

Vol.003
もっと見る

vol.002 2005.10月号
表紙:植村隆博 (DADA CuBiC)

特集:女
第1部:異業種に学ぶ女へのオマージュ、女の描き方
第2部:女と掛けてどう解きますか? 
第3部:モテ髪のその先にある、女の美

Vol.002
もっと見る

vol.001 2005.9月号
【創刊号】 表紙:野沢道生 (ACQUA)

特集:おもてなしの極意
第1部:日本文化に学ぶおもてなしの心
第2部:サロン激戦区/東京PEEK-A-BOOが28年間愛されている理由
第3部:究極のおもてなしは、ヘアデザインである

Vol.001
もっと見る