お客様と美容師の心をつなぐ、新しいかたちのマンスリービューティーヘアマガジンIZANAGI [イザナギ]

IZANAGI [イザナギ] 「感性と知性を刺激する、時代が読める美容専門誌」
髪化粧 : バックナンバー

髪化粧 バックナンバー

表紙
髪化粧 Kamikesho Vol.7

髪化粧 2006.3月号

髪化粧 Kamikesho vol.007 Mar.2006
Cover:高澤光彦(PEEK-A-BOO)
rolly

新・ダンディズム

2006年、“カッコいい男”が時代を作る!

1970年代、日本は輝いていた。
男性が美容室へ通い始めたあの頃、時代を創っていくんだという
無謀なまでの情熱にあふれる男たちがいた。


こだわりを持って自身を着飾り、生き様に誇りを持った男たち。
男性がひ弱になったと言われる現代に、美容室が時代を変える。


美容室は、いい男をつくることができる。
いい男をつくることができなければ、美容室は生き残れない。


「髪化粧」3月号は各界で活躍する“カッコいい男”をゲストに迎え、
今を生きる男のヘアデザインを徹底的に追及します。


第1部 メンズ・セクシャルビューティー
男の色気というダンディズム

男の生き様には、光と影が絶えず交錯しあう。
そういった男たちの髪をデザインすることの愛しさと、
生き様がつきまとうがゆえの難しさ……。
男のおしゃれに携わる美容師という職業がなんと奥深いことか。


作品集・インタビュー / 尾崎隆司(INSOLITEBEAUTE)


rolly masashi_nishio toru_kazama


第2部 男とファッションと仕事


メンズ・ファッション・ヒストリー
「かくして、男たちはおしゃれになった……。」
インタビュー / 北村勝彦(ファッションエディター)


父親と息子。そして男たちの肖像  高澤光彦(PEEK-A-BOO)


対談 / 映像プロデューサー 乙丸純一
「28年間 PEEK-A-BOO に通い続ける理由」

・職人たちと、髪
池田興史 (butterfly) と4人の男たち


・自分流スタイル。プロは道具にこだわる。
池田興史 (butterfly)


第3部 メンズ・ヘア・コレクション
サロンの活力は、男たちから……。

作品集・コメント集
森 福充 (HEAVENS) / 近藤繁一 (HYSTERIA) / 古里オサム (Of HAIR)
原田タダシ (ROSSO) / 野沢道生 (ACQUA)

mori kondo furusato
harada gaku

    巻頭コラム
    • 旅の断片
        TEQUILAは酒屋さん 倉品幸司 (dress)
    • COLUMN
        少子高齢化時代と手をつなごう
    • シネマモード
        人間の小さな力ができることとは?

    好評連載
    • 旅情をつづる
      「雪原に鳴る、ロックンロール」
      大川たみこ (masago)
    • 或る女の肖像
      「赤と青の行進曲」
      西本昇司 (ARTIS SALON)
    • Real Works
      タナカ☆シホ
      (KAGUYAHIME シュヴーシュール)
    • 人とデザイン
      「血縁」
      太地(SIDE BURN)
    • ロード・オブ・メジャー
      小椋雅利 (SOHO)
      Aki (Diva east)

    新連載
    • ジェニー先生が教えます
      「美容師の為の"やさしいごはん"」
      ジェニー牛山 (ハリウッド美容専門学校校長)

    強力連載
    • 女ごころを科学する
      第7回 「『高機能、高級感』で、大人ごころをつかむ。」
      高橋マサトモ (MINX)
    • 文化の時代
      第7回 「後光の時代」 〜ヒットを生む後光(ハロー)マーケティング〜
      谷口正和 (株)ジャパンライフデザインシステムズ 代表取締役社長
    • ほろ酔い談義
      第6回 「ほろ酔いって垣根をなくして語り合うことかな。僕の信条に近いね」
      人に対する信頼が、企業の成長へと飛躍した。
      本多義久 社長 (株)ケンジ
    • サロン繁栄、そして幸福論
      「ブランド化への道」
      須崎勝己(neutral)
    • 人とデザイン
      「写真屋の嘉瀬君」
      太地(SIDE BURN)

    技術連載
    • 教育者たちへ
      〜技術の教え方入門〜
      「ワンレングスとレイヤーの間にできたカドをどう削るか?」
      高澤光彦(PEEK-A-BOO)

髪化粧 Kamikesho No.007 3月号

定価 1,575 円 (税込)  A4変形版

IZANAGI [イザナギ]の定期購読のご注文は
fujisan.co.jp からも受付中!

IZANAGI [イザナギ]最新号をチェック

最新号をチェック

IZANAGI [イザナギ] モバイルサイト

リクルート