お客様と美容師の心をつなぐ、新しいかたちのマンスリービューティーヘアマガジンIZANAGI [イザナギ]

IZANAGI [イザナギ] 「感性と知性を刺激する、時代が読める美容専門誌」
髪化粧 : バックナンバー

髪化粧 バックナンバー

表紙
髪化粧 Kamikesho Vol.11

髪化粧 2006.7月号

髪化粧 Kamikesho No.011 JULY.2006
Cover:池田 登 (MINX)
Kyoto
文化のチカラ。いま、美容室の真価が問われる

“競争”という言葉。この言葉は、福沢諭吉が、“コンペティション”
という英語を訳す際につくりだした造語です。もともと日本には
存在して いなかった概念なのです。競争によって、日本は豊かに
なりました。ただ、人々の心は疲れていないでしょうか。会社や組織に、
絆や温かい笑い声は増えたでしょうか。


東京・京都

いま、美容室をみわたして思うこと。


美容の原点は、その人をきれいにしてあげたいという想いです。
たとえば、あなたのサロンが山の上の一軒の美容室だったなら。
そこは正しく美の発信基地として、美しくなることの喜びを唯一
おしえてあげられるところです。人々に必要とされ、
愛されるはず。美容の文化の担い手としての、使命感をまとうでしょう。


これからも多くのお客様に支持されていくのだろう、と感じさせるサロンに
は必ず、シンプルに美しく貫かれる一本の線がみえる。


それは、スタッフの胸に、サロンの中の空気に、カットされた髪の毛先にまで。
そこに通うお客様にとって、髪の美しさが「文化」となり伝わっていく……。


人ありきのヘアデザイン。その町の文化を担う美容室。それは美容業界の
一筋の光なのです。


7月号の特集はそんな観点で美容業界を見つめます。


中でも東京と京都にスポットをあて、この街に息づく文化のチカラをひもとき、
街に愛され、文化を 築いてきた美容室の心をヘアデザインにのせてお送りします。


東京夜曲 minx


[左]池田 登 (MINX)・[右]中村康弘(MINX)

imaii

HASEGAWAISHIHARA
[左]長谷川 斉 (imaii)・[右]石原治和 (imaii)


京都 Be fine


[左]鴨川琢磨 (Be fine)・[右]小嶋淳一(Be fine)

YAYOI-BRAINS

YAMADASHIMIZU
[左]山田ノボル(YAYOI〜BRAINS)・[右]清水 光(YAYOI〜BRAINS)

旅情をつづる
第十一回 東京、下町叙情
大川たみこ (masago)
技術 パーマ講座
第4回 「柔らかいウエーブをつくる
  2つのワインディング方法」
  小松利幸
masago

  • 髪化粧通信
  • ENOSHIMA TOWN GUIDE (江の島旅情)
  • Fashion Muse
    灼熱の太陽の下、白の世界ここにあり
    - 光を含んだシルエットロマンス -
  • FASHION MUSE
    大人の女に学ぶワンピースレッスン
  • 湘南風味紀行
    湘南・江の島周辺指折りのイタリアンレストラン厳選4軒
  • 湘南・江の島
  • 技術 教育者たちへ
    〜 技術の教え方入門 〜
    高澤光彦 (PEEK-A-BOO)

  • ほろ酔い談義
    第10回 川島文夫 (PEEK-A-BOO)
  • 文化の時代
    第11回 「フラッシュバック社会」
    谷口正和 (株)ジャパンライフデザインシステムズ 代表取締役社長
  • 女ごころを科学する
    第11回 「大人世代にこそ幅のある提案を!」
    高橋マサトモ (MINX)
  • 人とデザイン
    「男と女と美容師と」
    太地 (SIDE BURN)
  • ジェニー牛山先生が教えます
    「美容師のための“やさしいごはん”」
  • やさしいごはん
    カリカリ はちみつトースト
  • Real Works
    永田秀和 (UNDERGROUND)
  • 技術 スタイリング講座
    第4回 「ハンドブローでつくるクールなボブ」
    小村順子 (ACQUA)

髪化粧 Kamikesho No.011 7月号

定価 1,575 円 (税込)  A4変形版