お客様と美容師の心をつなぐ、新しいかたちのマンスリービューティーヘアマガジンIZANAGI [イザナギ]

IZANAGI [イザナギ] 「感性と知性を刺激する、時代が読める美容専門誌」
髪化粧 : バックナンバー

髪化粧 バックナンバー

表紙
髪化粧 Kamikesho Vol.14

髪化粧 2006.10月号

髪化粧 Kamikesho No.014 OCTOBER.2006
Cover:上田美江子(MASA)
髪化粧 2006.10月号

王国の詩情

第一章 麗しのアントワープ
第二章 創ること、撮ることの交感
第三章 王立学園のファッション・ショー
第四章 豊饒(ほうじょう)なる街、アントワープへの誘(いざな)
王国の詩情
王国の詩情

平成浪漫主義

“古きをたずね、新しきを知る”という言葉があります。歴史はただ
過去のできごとを教えてくれるだけではなく、創造するための空想する力を
励ましてくれるもの。昔のヘアデザインをっみれば、どんな
テクニックを使われているのか、どんな時代だったのか、と自分では
気づかぬままに想像力がフル回転します。


 

学校では教えてくれない技術への興味、そして生まれるストーリーの
構成力。既存のデザインが飽和状態になったのもいえるいま、
『髪化粧』が揚げる、平成浪漫主義!

上田美江子
(MASA)
MICHIO
(MINGLE)
SACHI
(assemblage)
伊藤五郎
  • 髪化粧通信
    芸術と食欲の秋の気配はそろりそろりと近づいてくる。
    ブリューゲル親子の名画と代官山のギャラリーで美をたしなむ。
    執事カフェで午後の紅茶を楽しんだ夜には、和風シャンパンを片手に満月の光を浴びてみたい。
    髪化粧通信、今月も楽しい情報が満載です。
  • MUSEUM , DRINK , NEW SPOT , ART , CAFE , GALLERY , CINEMA , INTERIOR , JAPANESE
    MUSIC , IMPORT MUSIC , BOOKS

  • 髪化粧通信
  • TOKYO TOWN GUIDE
    六義園
  • 六義園
  • 技術 教育者たちへ
    part2 実践編 〜 技術の教え方入門 〜
    高澤光彦 (PEEK-A-BOO)

  • 技術 パーマ技術講座
    第7回 「軽さのあるカットベースをパーマでウエイトのあるシルエットに変えよう!」
    小松利幸 (anti)

  • 軽さのあるカットベースをパーマでウエイトのあるシルエットに変えよう
  • カラーリスト物語
    第3回 「お客様の“なりたい”想いをカタチに。質感のヘアカラー」
    内田美貴 (hair do)
  • ほろ酔い談義
    第13回 俣野正男 (株)clip代表取締役
  • 文化の時代
    第14回 「3マジック」
    谷口正和 (株)ジャパンライフデザインシステムズ 代表取締役社長
  • 女ごころを科学する
    第14回 「不変の女性心理に向けて。美容師に必要な原理原則とは?」
    高橋マサトモ (MINX)
  • 人とデザイン
    「フランスな男」
    太地 (SIDE BURN)
  • 技術 スタイリング講座
    第7回 「ボブでロマンティックな秋」
    小村順子 (ACQUA)
  • Real Works
    CIME (大阪・心斎橋)

髪化粧 Kamikesho No.014 10月号

定価 1,575 円 (税込)  A4変形版